Tuesday, May 8, 2007

SF Online Interview with Hagio (Part IV-1)

Kirinyaga - by Mike Resnick(Continued from Part III)

Mizutama:

Ah, well, let us get back on track here—I think between Dick and Varley on the timeline was William Gibson. Have you read him?

Hagio:

I don't like so-called Cyberpunk and I haven't read any [of his stuff] yet.

Sakai:

So, like "Kirinyaga," you actually like SciFi that externally feels like traditional SciFi.

Hagio:

That's right.

Sakai:

How about the stuff with tons of space aliens?

Hagio:

I like that, too. For that, what I like best is a manga called "Number 7" by Osamu Tezuka.

Sakai:

Speaking of space aliens, I don't recall any shojo manga that were filled with strange space aliens.

Mizutama:

How about "They Were Eleven?" There were a lot of them.

Sakai:

Yes, but they were all basically humanoids. Nothing really strange.

(Continues)

2 comments:

Uni said...

こんにちわ。はじめまして。
日本語で失礼致します。
まさかアメリカに萩尾先生のファンの方がいらっしゃるなんて思っても見ませんでした。
'Interview with vampire'を見た時に
ちょっとポーの一族を真似した?と思いましたが・・・・・
また遊びに来ます!

Nancy said...

Uniさん、こんにちは。アメリカにもそれなりに萩尾先生のファンはいるんですよ。全然翻訳されていない割には。
今、アメリカで人気があるのは「ナルト」なんです。やっぱりアニメからマンガにくることが多いみたい。だから、
萩尾先生みたいに作品がアニメ化されていないと、残念ながらごく一部のファンにしか知られてなくて。
私は「Interview with the Vampire」見てないですが、キャストが「えっ!」という感じで気に入らなくて。
でもポーの一族は翻訳されていないし、作者が日本語読めるとも思えないので、多分偶然だと思います。
また遊びにきてください。コメント愉しみにしています。